NEFFR・MAISON
華桜 まり

子供の頃から見えない存在を見たり、未来を予知したりする能力があり、直感に従って生きてき
た。高校卒業後は巫女として熱田神宮に奉職。その後の人生の中で「自分は何者か?」という内
面に向き合うようになり、旅先のセドナで瞑想中に「心のセラピストになりなさい」という声を
聞き、アロマ音叉に出会う。自分を愛することでパートナーからも愛されるという変容を体感
中。

見えない存在からのメッセージに導かれ「心のセラピスト」に

昔から目に見えない存在を感じることができたというまりさんは、物心ついた頃から「巫女さ んになりたい」と思い、高校を卒業してからは熱田神宮で奉職します。 「就職先が神社というのは珍しがられましたが、私にとっては自然なことでした。神社での仕事 は修行みたいなこともありましたが、それも楽しかったです。」 そんな感じに、まりさんの人生では大事なときに『こっちに行きなさい』というよう導かれる ことがよくあったそうです。 例えば、15歳の時に両親が離婚し、母と再婚相手と3人で暮らす予定だったけれど、ふと「待 てよ」という直感が働き、そのまま父親の家に留まることにしました。その父がなくなる寸前に も虫の知らせがあったそうです。 「洋服のお店でスーツを見ていた時に、『喪服を買わなきゃ』って思ったんです。その直後に父が 亡くなったという知らせを受けました。」 結婚、出産、離婚を経て、今のパートナーと再婚。その後ずっと一緒に仕事をしてきましたが、 2019年に思い切って今まで行きたかった場所に旅出ちます。行き先は小笠原、台湾、オランダ、 アイスランドなどさまざま。そしてラオスでの出会いがまりさんの人生を大きく変えました。
「今まで目の前のことに夢中になっていたので、自分が何者なのかよくわからなくなっていまし た。旅に出たのは、日常から離れて自分自身を取り戻したかったんですが、ラオスで五感療法協 会の佐藤マイアさんと会い『セラピストに向いてる』とい言われたことは心に残りました。 セドナで瞑想した時、目に見えない存在に『私は何者ですか?』問いかけたら『心のセラピスト になりなさい』という言葉が降りてきました。」 その時は、「”心のセラピスト”って何?」と思ったまりさんですが、「マイアさんのところでア ロマ音叉を学びなさい」というメッセージを何度も夢の中で受け取ることになります。帰国した 途端、コロナが始まったのも”学びのタイミング”に導かれたようでした。 「以前の私は『こうでなくてはいけない』という責任感の重圧で、自分が好きな色の服を着るこ とさえできませんでした。アロマ音叉に出会い、自分に向き合うことが楽しくなると、自信がつき、ファッションを変えたり、髪を染めたり、ダイエットをしたくなりました。そうすると人に褒 められたり、パートナーに愛されたりという素敵な循環が起こってきます。」 この経験をクライアントさんと一緒に楽しみたいというまりさん。 「一度しかない人生だから、自分が本当に望む人生を送って欲しい。そのサポートをするのが”心 のセラピスト”の使命なのかもしれません。

セラピスト : 華桜まり (はなさくまり) / 射手座

サロン名:NEFER・MAISON(ネフェルメゾン)
ホームページ:
メールアドレス:marihide0420@gmail.com
電話:080-2642-4377
Line:https://line.me/R/ti/p/%40229niefc / https://line.me/R/ti/p/%40mari122
Facebook:https://www.facebook.com/ladybird.onthe.clover
Instagram:https://www.instagram.com/marys_house0420/ https://www.instagram.com/sekamari0420
Twitter:
活動地域:愛知(名古屋)東京・大阪(レンタルサロンにて出張もあり)
得意なジャンル:クリスタルヒーリング / カードリーディング/ パートナーシップコ ーチング